【トレード記録】2024年4月8日~4月12日

アフィリエイト広告を利用しています。

トレード記録

今週のトレードを振り返っていきたいと思います。ついにドル円が動き始めましたね!

4月10日(水) USD/JPY Long

こちらは、USD/JPY4時間足です。中期上昇トレンドの最中ではありますが、直近は値動きが停滞していました。レートの上昇を阻んでいたのは、151.90のレジスタンスラインです。2022年の10月にこの高値をつけて、2023年にも同じ高値での反落を見せていました。

市場参加者の誰もが意識しているであろうこちらの水平線。ここ数週間は何度もタッチと反落を繰り返していましたが、だんだんと底堅さを見せるようになり、水平線直下にレートが張り付くようになりました。

ここまで強烈に意識されている水平線なら、もし突破したら一気にレートが上昇するのではないかと判断し、152.010にBuy Stop注文を出しておきました。

そして、水平線を突破する時がやってきます。10日(水)発表の米CPIですが、市場予想から上振れする結果となり、ドル高に傾きました。これにより水平線をブレイクし、注文が約定されます。152.014で2,000通貨ロングエントリーです。

損切りはなし、利確は次の節目である153円で半分を、残り半分はトレールで伸ばしていくことにしました。

エントリー後、レートは思惑通り上昇しました。さすがにこれだけ意識された水平線だと、爆発力が違いますね。翌11日(木)早朝、分割利確ポイントに到達しました。153.018で1,000通貨分割利確です。 +100.4pips

ストップを建値に移動させて、残りのポジションを見守ります。153円を突破して、レートは153.38まで上昇しました。来週以降、ややレジスタンスになっている153.30を上抜けできるかがカギとなりそうです。ただし、上昇すればするほど介入警戒感が高まるため、急落にはいつでも備えておきたいと思います。

GBP/USD 下降チャネル上昇からの反落

こちらは、GBP/USD4時間足です。200SMAが横ばいですが、一応下降チャネルが引ける局面です。先週から引いてあったこちらの下降チャネルですが、今週半ばごろにレートがチャネル上限に到達しました。チャネル上限にタッチしている瞬間は、”どうせ上抜けてしまうだろうから、エントリーは控えよう”などと考えてしまい、エントリーには至りません。

ところが、10日(水)発表の米CPIにより、下降チャネル上限からの反落が実現しました。しかも、1時間足ではダブルトップ成立からの下落なので、めちゃくちゃキレイな形です。”エントリーしていれば良かった”などと嘆いても、今さら遅いですね。

エントリーできず、チャンスを逃してしまうことは多々あります。それをなくしていくためには、やはり過去検証をするしかないのだろうと思います。同じようなチャート状況になった時、どれくらいの確率でレートが反転するのか、どのタイミングでエントリーすれば良いのか、しっかり検証して答えを見つけ出さないことには、自信を持ってエントリーなどできるわけがありません。

1にも2にも検証あるのみですね。

今週の結果まとめ

獲得pips:+100.4pips
損益:+1,004円
外貨ex:100,000円→100,000円
外為どっとコム:536,173円→537,177円
XMスタンダード口座:55,030円→55,030円
XMマイクロ口座:52,979円→52,979円

今週はドル円が動き出したので、そのタイミングでエントリーし、利益をあげられました。ドル円だけでなく、来週はドルストレートのショートも狙えればトライしたいと思います。

読者の皆さん、今週もトレードお疲れ様でした。来週も焦らず一緒にコツコツ頑張っていきましょう❢

最速でFXの勝ち組になりたくはありませんか?

FXは何と言っても技術です。技術を身につけるには反復練習しかありません!
そこでオススメするのが、FX練習ソフト「MT4裁量トレード練習君プレミアム2」です!

練習君プレミアム2には、

・リアルトレードとは比べ物にならない速さでトレード経験が積める
・土日もトレード練習ができる
・複数時間足を同時に動かして、MTF分析の練習ができる

などのメリットがあります!

練習君プレミアム2を購入して、最速でFXの勝ち組を目指しましょう♪

タイトルとURLをコピーしました