【過去検証】ZigZagと切り上げ切り下げラインを使ったFX手法

アフィリエイト広告を利用しています。

過去検証

今回は、ZigZagと切り上げ切り下げラインを組み合わせたFX手法の過去検証です。

ZigZagについて

今回の手法で用いるZigZagについて、簡単に解説しておきます。

ZigZag(12, 5, 3)(デフォルト)

上のチャートは、USD/JPY1時間足にZigZagを表示させたものです。パラメーターは12, 5, 3とデフォルトの状態です。私は基本、ZigZagを波形認識に用います。そしてそれを基に、ダウ理論の押し安値や戻り高値を探します。また、三尊やダブルボトムなどといった、チャートパターンを見つけやすいという利点があります。

ZigZagのデフォルト設定では、大まかな波形を見ることができますが、さらに細かい波形を見たい場合は、パラメーターを変更してみましょう。

ZigZagのパラメーター設定

MT4なら、”表示中のインディケータ”から”ZigZag”を選び、パラメーターの入力タブを表示させます。その中の「Depth」という項目の数値を変更します。数値を大きくすれば、大まかな波形を見ることができます。逆に数値を小さくすれば、より細かな波形を見ることができます。ここでは一例として、「Depth」を12から5へ変更してみましょう。

ZigZag(5, 5, 3)

するとどうでしょう? 先ほどのデフォルトと比較して、ZigZagがより細かく波形をとらえていることが、お分かりいただけますでしょうか。

ZigZagのパラメーターは、波形認識のやり方によって変わるかと思いますが、私は基本、デフォルトで使用することが多いです。今回の手法でも、ZigZagをデフォルトで用います。

ZigZagと切り上げ切り下げライン手法 ルール説明

ZigZagについて簡単に解説したところで、今回の手法のルール説明といきましょう!

通貨ペア:USD/JPY, EUR/USD, EUR/JPY, AUD/USD, AUD/JPY ポンド系は非推奨

時間足:1時間足

使用テクニカル:ローソク足、ZigZag、トレンドライン

ロングエントリー

  • ZigZagで、連続して切り下げている直近の山同士に、切り下げラインを引く
  • 切り下げラインをローソク足終値でブレイクしたら、次足始値でロングエントリー

ショートエントリー

  • ZigZagで、連続して切り上げている直近の谷同士に、切り上げラインを引く
  • 切り上げラインをローソク足終値でブレイクしたら、次足始値でショートエントリー

損切り:損切りは、ZigZagの直前の山谷か直近高安値とする。

利確:利確は、エントリーから損切りまでの値幅を測り、同じ値幅分を獲る。つまり、リスクリワード1:1。

エントリーから決済までの流れを、図でも説明します。

買いのケーススタディー
売りのケーススタディー

ZigZagが示す山同士、あるいは谷同士にラインを引くだけなので、シンプルかつ再現性が高い手法と言えるでしょう。

USD/JPY 2020年1月から4月の4ヶ月間で検証!!

以上のルールのもと、USD/JPY、2020年1月から4月の4ヶ月間で検証してみました。その結果を以下に示します。

トレード回数:21回

勝ちトレード:9回 負けトレード:12回(勝率42.9%)

総利益:432pips 総損失:757pips(PF0.57)

平均利益:48.00pips 平均損失:63.08pips(RR比0.76)

検証期間内の獲得pips:-325pips

獲得pipsの増減
月ごとの獲得pips

考察

シンプルで再現性の高い手法かと思われましたが、ただ単にラインを引くだけでは、優位性が認められないようです。

正直な話をしますと、本当はもっとたくさん検証をして、100ぐらいのデータを集めたかったのですが、あまりにも逆をいってしまうことが多かったため嫌気がさし、20ほどしかデータを取れませんでした。

この手法を改善するなら、何か他のインジケーターをプラスすると良いかもしれません。例えば、移動平均線や一目均衡表の雲を使ってトレンドを把握し、トレンドと同調する方向にだけポジションをとるなど、工夫が出来そうです。トレンドを把握するなら、私が毎日使っている平行チャネルもオススメです!

【テクニカル分析】FXで平行チャネルを引くメリット5つ
今回はFXで平行チャネルを引くメリットについてのお話です。 前回は水平線の引き方を解説しましたが、水平線と比べると、斜めの線は引き方に個性が出やすく、再現性が比較的低いです。水平線の引き方についての記事をまだご覧になられていない方は、そちら...
【テクニカル分析】FXで平行チャネルを引く7つのポイントと注意点
今回はFXで平行チャネルを引く7つのポイントを解説します。また、平行チャネルを引く時の注意点についても解説します。この記事を読むことで、多くの市場参加者に意識される平行チャネルの引き方が分かります。ちなみに前回の記事では、チャート分析で平行...

また追加で検証した時には、加筆しようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

海外の最大手FX会社でFXを始めてみませんか?

私は、海外FX会社の最大手、”XM”でのトレードを強くオススメします! その主な理由は以下の3つです。

①最大1,000倍のハイレバレッジでトレードができる!
→少ない資金からでもお金を増やすことができます。

②ゼロカット方式が採用されている!
→急な相場変動時でも追証のリスクはありません。

③口座開設をするだけで13,000円のボーナスが貰える!
→おトクにFXを始めることができます!!

どこで口座開設しようか迷っているFX初心者さんや、すでにFX口座をお持ちのトレーダーさんも、この機会に是非、XMでのトレードを始めてみませんか?

\やり方はカンタン!/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました